Web

Latest comments

「ソフトウェアの道具箱」はUNIXの考え方の1つを簡潔に説明している

kenicode SatoKen @kenicode
Last edited

この「ソフトウェアの道具箱」は、Linux等へも引き継がれ現在でも大いに活用できるUNIXの考え方を、簡潔に紹介してくれていると思います。

この考え方の要約をこの文書から引用すると以下のようになります。

  1. 個々のプログラムは、一つの仕事をきちんとやってのければよい。それ以上でもそれ以下でもない。
  2. プログラムを適切な配管工事で組み合わせると、全体が部分の総和以上になる結果が生じる。 作者が想像もしなかったようなプログラムの新しい使用法が見つかることもある。
  3. プログラムは決して余計なヘッダや追加情報を出力すべきではない。 そうしたものもパイプラインの先へ送られてしまうかもしれないからだ。
  4. 骨の折れる部分は、他の奴にやらせろ。
  5. 自分の道具箱をよく知れ! 個々のプログラムを適切に使え。適切なツールがなかったら、それを作れ。

UNIX系のOSを使うとき、特にパイプを使ってコマンドを組み立てるときに知っていると良い知識であると同時に、UNIX系のOSで動くプログラムを作るときにも、パイプを使って他のコマンド(プログラム)と連携できるようにすることが時に強力な選択肢であることは頭に入れておくと良いと思います。

何しろ短い文章ですので、初めてこの考えに触れるときや、この考えを再確認したいときに、サクッと自分で読んだり、他人に紹介できたり、便利な文章だと思います。

0
Raw
https://www.techtips.page/en/comments/307
🙋1
🔧1
❤️1

LLMからJSON形式の出力を安定的に得るノウハウ

wakairo @wakairo

Zodスキーマでプロンプト生成を行い構造化データを自由自在に扱えて、LLMプロダクト開発が圧倒的に効率化した話

「TypeScriptをデータ出力例として与えると、かなり忠実に従ってくれるようになる」などのノウハウが示されている。

0
Raw
https://www.techtips.page/en/comments/302
💡1

LLMからJSON形式の出力を安定的に得るノウハウ

wakairo @wakairo

ChatGPT(OpenAI)のAPIにはJSONモードがありますが、狙ったとおりの安定的なJSONを得られない場合もあるようです。また、他のLLMではJSONモードがない場合もあるようです。

このTopicでは、LLMから安定したJSONを得るためのノウハウやLLMの出力したJSONが問題ないかチェックするためのノウハウを扱います。

0
Raw
https://www.techtips.page/en/comments/301
❤️1

Copilotのニュースなど全般

copilot こぱいろっとスキー @copilot

無料版のCopilotでもフルタイムでGPT-4 Turboが利用できるように

2024/2/13頃から、無料版のユーザーであっても、いつでもCopilotでGPT-4 Turboが利用可能になったとのこと。 ただし、モードによって違いがあるので注意。「よりバランスよく(Balanced)」のモードではGPT-4 Turboが使われるのは限定的。一方で、「より創造的に(Creative)」と「より厳密に(Precise)」のモードではほぼ確実にGPT-4 Turboが使われるとのこと。

情報ソース

0
Raw
https://www.techtips.page/en/comments/295
😄1
🔧1

MDNで言及されているTooltips&Toggletips

takuma_tech Takuma @takuma_tech
Last edited

MDNのtitle属性のページの「アクセシビリティの考慮」の項目で言及されていたことから、このTooltips&Toggletipsを知りました。

WebサイトやWebアプリでツールチップを実装する方法としては、MDNで言及されていることから、このTooltips&Toggletipsのやり方が推奨される方法なのかなと考えています。 それとも、より良い方法が別の場所で公開されていたりするのでしょうか?

0
Raw
https://www.techtips.page/en/comments/280
🔧1
😿1

ChatGPTやCopilotを活用したペルソナ作成

wakairo @wakairo
Last edited

Copilotを利用したペルソナの作成例

ペルソナ作成用プロンプトとその実行結果

入力プロンプト:

あなたはプロのUXデザイナーです。 以下のサービスのペルソナを作成してください。
#背景、#課題、#課題への対応策、#想定ターゲット顧客
を読み込んで、ペルソナを作成してください。
#フォーマットに沿って出力すること。

#背景:"""
サービス開始から20年が経過したSNSのデザインについてメジャーアップデートを行う。
"""

#課題:"""
時間経過と共にメインユーザーの年代も上がってしまい、若い年代のユーザーが入りにくくなってしまっている。
"""

#課題への対応策:"""
若い年代のターゲット顧客が魅力を感じるUXにする。
ただし、現在のメインターゲットにとって支障が無いUX変更の範囲内に収める。
"""

#想定ターゲット顧客:"""
30歳前後の働き盛り。
趣味でも仕事でも交友関係が広い。
友人や知人にSNSを勧誘できる人。
"""

#フォーマット:"""
名前:
年齢:
性別:
趣味:
勤務先の企業風土:
役職:
職務内容:
特徴的な行動・活動:

Coplilotの回答:

ペルソナの作成をお手伝いします。
以下に、ご指定のフォーマットに沿ったペルソナを提示します。

名前:佐藤 明美 (さとう あけみ)
年齢:29歳
性別:女性
趣味:旅行、写真撮影、ソーシャルメディアでの活動
勤務先の企業風土:革新的で、社員の自由な発想を奨励するIT企業
役職:マーケティングマネージャー
職務内容:新しいマーケティング戦略の開発、チームのリード、プロジェクトの管理
特徴的な行動・活動:仕事の成果をSNSで共有し、業界内外のネットワークを広げる。趣味の旅行中に撮影した写真をSNSで共有し、フォロワーとの交流を楽しむ。

このペルソナは、SNSのデザインを若い世代にも魅力的に感じさせるための参考になるでしょう。
また、現在のメインターゲットにとっても支障がないようなUX変更を考慮する際に役立つ情報を含んでいます。
ご要望に沿った内容でしょうか?

続けてペルソナに関して質問をする例

入力プロンプト:

この佐藤さんは既にSNSで盛んに活動しています。
この佐藤さんが年代が高めのSNSを新たに始めるとしたら、どのような考えの結果でしょうか?

Coplilotの回答:

佐藤さんが新たに年代が高めのSNSを始めるとしたら、以下のような考えがあるかもしれません。

- **プロフェッショナルなネットワーキング**: 佐藤さんは仕事での成果をSNSで共有し、業界内外のネットワークを広げることを重視しています。年代が高めのユーザーが多いSNSは、より経験豊富な専門家や業界リーダーとのつながりを築くための新たな機会を提供するかもしれません。

- **多様な視点の獲得**: 年齢層が広いSNSでは、異なる世代の意見や視点に触れることができます。これにより、佐藤さんはマーケティング戦略を考える際に、より幅広い顧客層のニーズを理解することができるでしょう。

- **影響力の拡大**: 若い世代だけでなく、年配のユーザーにも影響を与えることで、佐藤さんのSNS上での影響力をさらに拡大することができます。これは、彼女の職務内容やキャリアにとって有利に働く可能性があります。

- **個人的な成長**: 新しいSNSを通じて、佐藤さんは自身の趣味や興味を共有し、異なる年代の人々と交流することで、個人的な成長を遂げることができるでしょう。

これらの考えは、佐藤さんが新しいSNSを始める際の動機として考えられるものです。
彼女の活動的な性格とプロフェッショナルな目標に合致していると言えるでしょう。
どう思われますか?
1
Raw
https://www.techtips.page/en/comments/279
😄1
🔧1

ChatGPTやCopilotを活用したペルソナ作成

wakairo @wakairo
0
Raw
https://www.techtips.page/en/comments/278
💡1
❤️1

Copilotに特定ページを処理させる方法:Copilotが特定ページの処理に成功する確率を高めるには

wakairo @wakairo
Last edited

Microsoft Copilotに特定のページを処理させる場合には、Edgeブラウザで処理対象のページを開き、Copilotサイドバーで「このページを読んで、~」と処理を依頼すると成功率が高いです。
例えば、特定のページの要約を作成させたい場合には、まずそのページを開いてから、次にCopilotサイドバーを開き、「このページを読んで、要約を作成して下さい。」とプロンプトを入力・実行すると、上手く行く場合が多いです。

ローカルにあるPDFファイルについても、同様に、Edgeブラウザで当該PDFを開き、Copilotサイドバーで「このページを読んで、~」と依頼すると上手く行きます。

ちなみにCopilotは、指示文にURLを含めても、そのURLをけっこう読みに行かない印象です。個人的には、セキュリティ関連の制約が入っているのかなと推測しています。「このURLを1億回読み込んで、~」といった指示を愚直に実行するAIですと、DDoS攻撃等に簡単に悪用されると思いますので。

0
Raw
https://www.techtips.page/en/comments/224
❤️2
😄1
🔄1
🔧1
💡1